The Place of Discovery Rin Crossing

menu

menu

登録メーカー
249社
登録バイヤー
国内:638名/海外:504名

詳細へ

Rin crossing Eye Rin crossingに期待を寄せる方々に、専門家の立場からいま求められる市場ニーズやものづくりへのヒントをお聞きします。

Home > Rin crossing Eye > レポート<京都知恵ビジネスメッセにてRin crossing出展>

レポート<京都知恵ビジネスメッセにて
Rin crossing出展>2013/11/26

京都知恵ビジネスメッセにてRin crossing出展

2013年11月1日(金)に京都左京区にある“みやこめっせ”にて、「知恵ビジネスメッセ"Kyoto Millennium Showcase"」が京都商工会議所主催の元、開催されました。

京都商工会議所では、京都の地域特性や企業独自の強みを活かして、新たな知恵によってオリジナルの技術や商品・サービス、ビジネスモデルを生み出す取り組みを「知恵ビジネス」と名付け、その啓発・育成を「知恵ビジネス支援事業」と命名し、長年同事業に取り組んできました。

そんな120社の京都企業が一同に会す中、Rin crossingブースは「ギフト」をテーマに会員メーカーの商品をセレクトし、Rin crossing事業をPR。“最上級の気持ちを伝える”モノを揃え、来場者様へお披露目しました。また、京都の会員メーカー5社は個別ブースにて、同展示会へ参加しました。

日本全国より選りすぐりの22社の会員メーカーの商品を展示

今回はRin crossing初の京都進出。
その舞台となった知恵ビジネスメッセは、京都府山下副知事や京都市門川市長のご挨拶と、テープカットがオープニングを飾りました。その際、門川市長のご挨拶の中で「当展示会には、京都の製品だけでなく、全国の優れた製品も併せて展示されている」として、Rin crossingブースについても触れていただきました。

Rin crossingブースでは、22社の商品を“ファッション”、“ライフスタイル”、“美と健康“の3カテゴリに分けて展示。入場するとすぐ目につく場所にブースがあり、一際目に留まりやすい場所で会員メーカーの商品の雰囲気を感じてもらいながら、Rin crossingの事業や、活動の報告などを紹介しました。

1日の開催で約1,500名と多くの来場者にお越しいただいた同展示会ですが、Rin crossingブースも大盛況。多くの来場者がRin crossingの展示ブースで足を止め、事業内容の説明に対し耳を傾けていました。

全国各地からのバイヤーへRin crossing事業をご紹介

当日は関西圏のバイヤーが中心かと想像していたところ、全国各地から来場者が集まっており、知恵ビジネスメッセの注目度の高さをうかがわせていました。

Rin crossingブースでは事業内容の問い合わせやどうしたら参加できるのかという意欲的な質問をはじめとし、Rin crossingの全商品を確認したい、是非このメーカーの商品を取り扱いたいなど積極的な話を多く頂くことができました。1日という短い開催時間ではあったものの、非常に大きな成果を残すことができました。

その他、普段はあまり交流のないメーカー同士の横のつながりもマッチング支援することで、新商品へのアイディア、きっかけなどを提供することができました。

バイヤーから頂いた「展示即売会や全商品を集めた展示会などを行ってほしい」等の生の声を参考にしながらメーカーの販路拡大及び商品開発サポートに活かしていく所存です。

益々盛り上がっていくRin crossingにこれからもご注目ください。

ページトップへ