The Place of Discovery Rin Crossing

menu

menu

登録メーカー
261社
登録バイヤー
国内:803名/海外:517名

詳細へ

Rin crossing Eye Rin crossingに期待を寄せる方々に、専門家の立場からいま求められる市場ニーズやものづくりへのヒントをお聞きします。

Home > Rin crossing Eye > 「L/RIN」PROJECT 参加クリエイター続々決定中!!

「L/RIN」PROJECT 参加クリエイター続々決定中!!2014/10/15

2014年3月にMercedes-Benz Fashion Week TOKYOで開催されたクリエイターと日本の技術が出会うプロジェクト”EN”の成果を受け、同企画を運営したクリエイティブカンパニー『SELF』と、中小機構が運営する“地域発の洗練された商品”のメーカーとバイヤーとの交流の場『Rin crossing(リン クロッシング)』による共同プロジェクトが「L/RIN(エル スラッシュ リン)」です。

「L/RIN」は、『Rin crossing』に参加する魅力的なモノづくりを行っているメーカーが上質な販売チャネルに影響力を持つファッションブランド/クリエイターと共に、現代の感性で市場のニーズに合わせた商品開発を行い、日本が誇る技術、匠、素材に磨きをかけ、人々の生活を豊かにするライフスタイルアイテムを開発するプロジェクト。当プロジェクトへの参加クリエイターが続々決定し、コラボレートアイテムの開発が進められています。

参加クリエイターには、ベルリンの合同展示会プレミアムや、〈NIKE〉「THE SUPER NATURAL RIDE EXHIBITION」のパブリックアイコンやグリーンディレクションを行った話題の華道家/フラワーユニットのplantica(プランティカ)。ヒロ杉山率いるエンライトメントを離れ、多種多様なフィールドで 活躍を続けているクリエイター三嶋章義がディレクターを努めるFUGAHUM(フガハム)、独得のデザイン感覚と社会貢献から生みさされる洋服づくりを行い東京コレクションのみならず、近年ではシンガポールでもショー発表を行ったJUN OKAMOTO(ジュンオカモト)。ファッションレーベルの他、デビット・リンチの「エレファントマン」の衣装レプリカ製作、出版レーベル「POETRY BOOK」の立ち上げ、1000000人のキャンドルナイトへの作品提供、「流行通信」での連載など衣服にとどまらない活動を続ける谷田 浩が手がけるbedsidedramaなど、個性的で魅力あふれるブランド」/クリエイターが続々と参加を決定。

現在、参加メーカー各社との打ち合わせやデザインの調整を行いながらサンプル進行を進めています。今後は展示会への出展や、先日発表されたSELFと伊勢丹新宿本店リ・スタイルギフトとの共同企画『EN FOR ISETAN(WEB STORE)』での販売を含めた、店頭でのポップアップストア展開や企画展などを通して、新たなアイデアの発見と新しい販売方法を模索していきます。

(参考資料)
「L/RIN」参加者募集のお知らせはこちらから(PDF)
※現在、応募は行っておりません。

L/RIN公式サイト : https://rincrossing.smrj.go.jp/lrin/

SELFについて

日本のものづくりと感性を背景にテクノロジーや伝統技術などを組み合わせ、プロダクトデザインからプロモーション手法まで時代に新しい刺激を創造するクリエイティブチーム。独自のネットワークから生まれる新しいアイデアを形に変えながら、国境を越え時代の新しい価値を届けるクリエイティブカンパニーとしてプロダクト制作、グラフィック、映像制作からイベントプロデュース迄さまざまな活動を行っている。

HP : http://selfcreativelab.com/

ページトップへ