The Place of Discovery Rin Crossing

menu

menu

登録メーカー
261社
登録バイヤー
国内:803名/海外:517名

詳細へ

Rin crossing Eye Rin crossingに期待を寄せる方々に、専門家の立場からいま求められる市場ニーズやものづくりへのヒントをお聞きします。

Home > Rin crossing Eye > Rin crossing 登録バイヤーインタビュー 海外編 Vol.6

Rin crossing 登録バイヤーインタビュー 海外編 Vol.62015/09/08

フランス人には異素材のコラボレーション商品が大変好まれます。複数メーカー間での協業をもっと模索してはいかがでしょうか? CFOC 前Managing Director Nicolas Chaigneau氏

今回は海外販路開拓先として注目が高まっているフランス・パリにおいて、注目されているCFOC 前Managing DirectorのNicolas Chaigneau様よりお話を伺いました。文中敬称略。

はじめに、CFOCについてお教えください。

Chaigneau フランスと中国の交流があまり無かった1963年に創業者が中国を訪れ、中国の工芸品に魅了されて1966年に創業しました。以降、中国や東南アジアの工芸品を扱うセレクトショップの先駆けとなり、2011年に新しいコンセプト・ストアとして、カルチャー・スペースやレストランを併設した旗艦店をオープンしました。
現在パリ市内に2店舗ありますが、それぞれ客層が異なります。オスマン店は、新興富裕層が多く、他者が持っていない商品を持つことで周囲に自慢したい人が多く、ソルフェリーノ店は代々のお金持ちファミリーが多いのが特徴です。

商品探しのコンセプトについてお教えください。

Chaigneau キーワードは3つあり、「他店にないもの」、「仕上げが丁寧なもの」、「美しいもの」です。日常で使う商品で、かつ必ず作り手のメッセージが感じられるものを選んでいます。

今、店頭ではどんな商品が注目されていますか?

Chaigneau 客層の80%が35-55歳位の裕福な高学歴の女性で、会社の幹部や会社経営者が多いです。すなわち、エスニックなだけでなく、デザインやモード性が高いものが求められています。
また、創業当時と比べ、インテリアやインテリア雑貨の消費の動機が大きく変わりました。昔は購入商品を『子供に残す』ことを意識する消費者が多かったようですが、現在では購入者本人の好みで購買決定をしているように感じます。
同時に、独身者、1人暮らしが増えたため、引っ越しが多く、引っ越す度にインテリアを全て変えるような傾向もみられます。そのような消費者の意識変化を認識することが大切です。

商品探しはどのように行われていますか?

Chaigneau 現地にサンプリングに行くか、アジアの業務委託者からサンプルを送付してもらいます。買い付けは、展示会前後に行うことが多く、最近はインターネットでの買い付けをすることもあります。
自社で企画してアジアでOEMするものと、メーカーから独占契約で買い付けるものを合わせると、全商品の半数を超えています。純粋に買い付けする商品は全体の20%程度でしょうか。

日本の商品のお取り扱いはありますか?

Chaigneau 日本製は買い値が高いので、店としてマージンが少なく、少量のみの扱いとなっています。

反対に、取り扱いしない商品、取り扱いたかったが諦めたものはありますか?

Chaigneau お茶です。実際に緑茶も含めたお茶セットを扱ってみましたが、対象と価格の面でうまくいかず、継続的な取り扱いは諦めました。

日本の企業と取引を行う上で感じる課題についてお教えください。

Chaigneau 商品が高額になることは買い付ける上でネックにはなりますが、高額になる理由よりも、むしろ「販売国の生活に合っているのか」、「現地で使えるものなのか」に重点を置いて考えた方が良いと思います。
また、商品説明書は、少なくとも英語表記、できればフランス語表記も入れて欲しいです。輸出を行う上で法的にも必要なはずです。

最後に、日本のメーカーに伝えたいことはありますか?

Chaigneau 欧州で販売するためにサイズの配慮が欲しいです。食器を例に挙げると、日本では、小鉢等たくさんの皿に少しずつ盛りますが、フランスではひとつの大きなボールから皆で取り分けて食べるのが普通です。なお、パッケージングに美しさは必要ですが、過剰な時があります。
また、複数のメーカー間での協業ももっと模索しても良いのではないでしょうか?フランス人は、異素材の組み合わせによってできた商品が大好きです。

お忙しい中、ありがとうございました。

※本インタビューは2015年3月3日に中小機構が行ったパリ・バイヤーインタビュー調査に基づき、中小機構 販路支援部で内容を編集の上、掲載しております。

※掲載写真はCFOC公式ウェブサイトから転載
http://www.cfoc.fr/home.php?page=store&langue=UK

ページトップへ