The Place of Discovery Rin Crossing

menu

menu

登録メーカー
273社
登録バイヤー
国内:803名/海外:517名

詳細へ

Rin crossing Eye Rin crossingに期待を寄せる方々に、専門家の立場からいま求められる市場ニーズやものづくりへのヒントをお聞きします。

Home > Rin crossing Eye > home(ホーム)出展企業一覧2016

home(ホーム)出展企業一覧20162015/12/24

Cool-modern(クールモダン)-Maximize the taste of Food-(味を最大限に引き出す)

雄勝硯生産販売協同組合(和伝)その他の商品はこちら

1984年設立。
宮城県石巻市に所在し、雄勝硯、雄勝石スレート、雄勝石皿・雄勝工芸品などを生産・販売を行っている。

  • スリースパイスディッシュ
  • 丸い凹み部分に薬味やソース等を添えられ、お肉料理や天麩羅・お寿司など様々なお料理が映える皿。皿の裏側には台座を取り付け、サービス時や下げ膳時にお皿を扱いやすく利便性にも優れている。家庭での普段使いから飲食店まで、様々なシーンで活用可能。

  • チャームプレート
  • 宮城県石巻市雄勝町で産出される雄勝玄昌石を原材料とし、伝統的工芸品指定「雄勝硯」の伝統技法を用いて作られ、職人によるハンドメイドで製品化されたプレート。自然が産み出した石の割肌を生かしまったく同じ物が2つとない自然が造り出した世界に1つだけの製品。オシャレなデザインで、普段使いからカフェやバーなどにもオススメ。

  • 4テイストパレット
  • 4分割されたスタイリッシュなお皿。オードブルや会席料理・フレンチなど様々なテーブルシーンに最適な1枚です。

  • カトラリーレスト(箸置/ナイフレスト)
  • 石の割肌を基調としたカトラリーレスト。テーブルコーディネートの演出に。

有限会社かねみつ漆器店その他の商品はこちら

1965年設立。
長野県塩尻市に所在し、漆器類の企画・製造及び販売、業務用家具・備品制作及び輸入品の販売等を行っている。

  • KOKU 漆塗カトラリー 雅(MIYABI)5set
  • 国産の高品質ステンレスカトラリーと漆を使い、熟練した職人が1本ずつ塗り分け、磨き、幾つもの工程を経て独特な光沢や色彩を導いた木曽漆器のカトラリー。ステンレスでありながら、優しく温かみを感じる手触り、口当たりを実現。

  • KOKU漆塗カトラリー 麗5set
  • ふんわりと優しく柔らかな口当たりが、日本のおもてなしの心を感じさせる木曽漆器のカトラリー。蒔絵師による巧みな技と木曽漆器の歴史から生まれた端正な逸品。

  • KOKU漆塗カトラリー プレート
  • 国産の高品質ステンレスプレートと石油系原料を使わない環境に優しい最古の天然塗料である漆を使い、熟練した職人が1枚ずつ塗り分け、磨き、塗り重ね、幾つもの行程を経て独特の光沢や色彩を導いた木曽漆器のプレート。

ササゲ工業株式会社その他の商品はこちら

1951年設立。
新潟県燕市に所在し、金属家庭用品製造、精密機械部品加工を行っている。

  • オープナー ステンレスタイプ 角棒
  • 美しさと機能を追求したボトルオープナー。料理を視覚でも味わえるよう、料理を囲むツールの一つとして見た目にこだわって生まれた製品。

  • 「三作」朝顔 / 椿 / ユリ
  • ステンレス製日本酒用グラス。 日本酒の醸造タンクの多くはステンレス製のため、ステンレスで出来たお酒をステンレスの器で飲むことが、酒蔵が目指した味に最も近い状態になると考え開発された商品。 1枚板で溶接無しで作る製作方法をあみだし、金属特有の冷たさを抑える為の表面処理方法にまで拘り抜いた一品。底板には内部構造を覗ける仕掛けが施されている。

  • 「三作」おちょこ
  • 〈SANSAKU〉Sake set の姉妹品。特殊な表面加工により、スズのような質感で独特な風合いを表現。飲み口は磨き仕上げをしているので、口当たりも柔らかい。

株式会社東北工藝製作所その他の商品はこちら

1933年設立。
宮城県仙台市に所在し、漆器類の企画・製造及び販売を行っている。

  • TOUCHCLASSIC 酒器三点セット
  • 薄く透明度の高い松徳硝子の生地に、宮城の山の稜線と波打つ海をイメージしグラデーションにした玉虫塗を施した酒器セット。

  • TOUCHCLASSIC オールドグラス
  • TOUCHCLASSIC シリーズのOLDグラス。オンザロックを飲む際のグラスとしておススメの一品。

  • TOUCHCLASSIC タンブラー
  • TOUCHCLASSIC シリーズのタンブラー。冷酒、リキュール等の食前酒用として。

錫光その他の商品はこちら

1987年創業。
埼玉県川口市に所在し、錫製品の製造・販売を行っている。

  • タンブラーCHAOS
  • 錫に、3%程度の銀や銅などを混ぜて97%錫合金で作ることにより、耐久性が高まったタンブラー。側面帯状の模様は、錫光独自の技法で施したもので、ロクロ挽きのカッチリとしたフォルムの中(COSMOS)に、流動的なCHAOSを表現している。

  • タンブラーSHIZUKU
  • 錫合金でできたタンブラー。香りが溜まりやすい形状に仕上げられているため、ぜひカップを満杯まで入れずに、4分の1程度(90~100ml)を注いで飲み物の香りを楽しほしい。

  • KIWAMIチロリ / 高台盃
  • 世界利酒師コンクール(主催:SSI)で優勝した北原康行(コンラッド東京 ソムリエ)により監修の元、制作した商品。注ぎ口が細長く、やや角度をつけて設定されているため、酒を注ぐ際に液漏れがないなど利便性を追求したデザインとなっている。
< 1 2 3 4 >

To Top