The Place of Discovery Rin Crossing

menu

menu

登録メーカー
261社
登録バイヤー
国内:803名/海外:517名

詳細へ

Rin crossing Eye Rin crossingに期待を寄せる方々に、専門家の立場からいま求められる市場ニーズやものづくりへのヒントをお聞きします。

Home > Rin crossing Eye > レポート<ファッション展示会「IFF MAGIC Japan 2017 Spring」>

レポート<ファッション展示会「IFF MAGIC Japan 2017 Spring」>2017/05/31

“伝統的技法を用いた生地・素材・染め・織りやそれらを活用したアパレル、身の回り品・おしゃれ小物等を紹介

ファッション展示会「IFF MAGIC Japan」が、2017年4月26日(水)~28日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催され、会場には3日間合計で2万1670名が集まりました。

IFF MAGIC Japanの前身は、繊研新聞社が2000年から主催する日本最大のファッション総合見本市「JFW-IFF」。JFW-IFFと米ラスベガスで毎年2月と8月に開催されている84年の歴史がある米国最大規模を誇るファッション展示会「マジック(MAGIC)」が業務提携し、2017年からスタートしました。

展示会場には、DJによるBGMが流れ、ブロガー向けラウンジが用意されるなど、普段の商談会とは異なる会場の雰囲気作りをしていました。
MAGICの力を活かしてよりファッショナブルな展示会を目指すことで、繊維・マテリアルから派生したファッションだけではなく、より時代の流れの変化に適応したグローバルな視点の企画力や発信力を強めることを目指していることが随所で感じられました。


 

今回、Rin crossingは、「NIPPON MONO ICHI」(ニッポン モノ イチ)と合同で出展し、グローバルにも通用するような日本の伝統技術を使った身に着けられるようなアイテムや身の回りの小物を取り揃えました。

※「NIPPON MONO ICHI」とは~
新事業創出を支援する3つの施策(新連携、農商工連携、地域資源活用)の認定を受けた商品・サービスの販路開拓を支援する中小機構のプロジェクトです。各事業者が「市場=消費者」に至るまでのプロセスを「その道のプロ(地域活性化登録パートナー企業や専門家など)」と連携してサポートしています。

「NIPPON MONO ICHI」の詳細はこちら


 

今回の出展に当たり、MAGICのブランド力によって、海外バイヤーの来場が多く見込めると考え、OEM対応や輸出対応できるメーカーのアイテムも用意しました。
実際、香港、台湾、シンガポールなどアジア圏から来場したバイヤーは、日本の伝統文化や伝統技術を使ったファッションアイテムへの関心が高く、具体性のある商談を行うことが出来ました。

ブースのテーマ性と「Made in Japan」ゾーンとの親和性が高かったこともあり、日本のバイヤーの皆様にも高い関心を持っていただくことが出来、他の展示会に比べ、来場者の滞在時間も長く、内容の伴った商談機会が多かったことが印象的でした。


また、今回は、商品デコレーションを女性デコレータ―にお願いしたこともあり、通路側に豊富に展示したショール類を立体的に見せるなど、魅力的な商品展示方法やレイアウトの工夫をお伝えすることも出来たので、出品メーカーも参考になったと思われます。



ページトップへ